トリミングサロン取材レポート

トリマーのお仕事の流れを教えてください

朝はまず掃除からはじまりますよ。
お店にもよりますが、うちは猫の繁殖があるから猫のお世話も。
あとはお泊りできている子たちの散歩や朝ごはんをして掃除、お迎えが終わったらトリミングに入ります。
下準備してシャンプーして乾かしてっていう流れですね。

一匹につきどのくらい時間がかかるんですか?

犬種にもよりますが例えばプードルだと、シャンプーコースとカットコースがあってシャンプーコースだと全身のシャンプーと足回りと顔周りのカット、爪切りをします。
カットコースは全身をカットします。
シャンプーコースとカットコースでは倍ぐらい時間も違って一匹に対して一対一のマンツーマンで施術するため下準備して洗って乾かして全身ハサミ入れて、となるとプードルで約3時間かかります。

三時間ですか!想像以上に長いんですね。

そうですね。
意外と時間がかかることって知られていないんですよ。
飼い主さんの中には、プードル全身カットで「1時間くらいで終わる?」って聞かれることもすごく多いです。
いやいや終わらないです!って(笑)

私も1時間〜2時間くらいかと思ってました(笑)

思われがちなんですよ。
でも実際は犬とトリマー3時間つきっきりとかが当たり前なんですよね。

では営業中はずっと来店したワンちゃんや予約のワンちゃんにつきっきりって感じですか?

うちは分かり易く、午前中の予約と午後の予約で分けていてやってます。
例えば全身コースだと10時から始めて13時。それからお昼を挟んで13時半〜2時から午後の部。
1匹につき時間がすごくかかるから、頭数がすごく限られちゃうんですよね。
ひとり1日二頭〜三頭くらいですね。

送迎できた子たちは送り届けるんですよね?

終わったら送り届けて、その間にお迎えも行って、ぐるっと回ってお店に戻ってきます。

なぜトリマーになろうと思ったんですか?

元々動物好きなのもあるし、実家で私が小学生の時から犬を飼い始めてそれがきっかけでなにか犬に携わる仕事と思って探した時に、トリマーという仕事を見つけたんです。
母親が美容師ってこともあったので、同じハサミ仕事でもあるトリマーやってみようかな、って最初は軽いノリでした(笑)

きっかけはそういう感じなんですね!

ですね、犬飼っててっていうのも大きかったですね。

専門学校に通われたんですか?

ジャパンケンネルクラブの認定校に二年通ってライセンスを取得しました。
A〜C級の三段階があって、私の場合年齢があったので18歳以上でないとC級が取れなかったんです。
でも認定校に二年通うと18歳未満でも資格が取得できたので、二年通ってC級を取得しました。
あとは技術職なので、いつまでも専門学校にとどまって資格にこだわるよりも実務経験積んだ方がいいと思い、お店で働き始めました。

お店も結構昔からあるんですか?

店長の師匠が元々やっていたお店ののれん分けをしてもらっています。
元のファミリーペットというお店は40年近くやっていて店長がのれん分けしてもらってから、「小岩ファミリーペット」としてやってます。
ここ近辺では一番長いです!

トリマーになって良かったことってありますか?

良かったことに当てはまるかどうかわからないけど自分がカットをして、飼い主さんの元に帰った時に「今回のカットすごいかわいかったよ」って言ってくれたときは良かったというか嬉しかった。
自分がしたカットで可愛くなったとか綺麗になったと言ってもらえるとうれしいですね。

逆に大変だったこととかありますか?

今はもう大丈夫なんですけど仕事始めて、何度か壁にぶつかったことがあったんです。
例えば爪切り、足回りのバリカンなどの下準備ができて、スピードも上がってある程度の事ができるようになってくると、次シャンプー入ってみましょう、ドライヤーしてみましょうって段階段階ごとに壁があって、その壁に毎回ぶち当たるので、その時にその都度上手くいかなかったり、思い通りにいかなかったり、なかなか上達しないっていう壁にぶち当たった時が一番つらかったかな。
いつになったら上達するんだろう…ってずっと考えてました。

特に力を入れていることや、独自のサービスありますか?

うちではミキサーで泡だててからシャンプーを行っています。

やっぱり泡の方がお肌に優しいんですか?

人間も、洗顔するとき泡立ててすると思うんですけど、それと一緒で泡立ててやってあげた方が汚れ落ちも良いし、ブローした際の乾きも早かったんです。
油っぽい汚れとか、耳垂れおこしちゃってる子、べたつき多い子とかは特に泡の方が汚れが落ちました。
正直手間もかかりますが、その分綺麗になるならと思って、泡シャンプーを行っています。
あとは健康チェックカードを飼い主さんに渡していてワンちゃんの名前、シャンプーした日付、お耳、目、毛玉、皮膚の状態をチェック、あと一言添えて渡しています。
結構飼い主さん喜んでくれますよ。

どんなサロンでありたいですか?

地域密着型ですね。
地域のお客様のワンちゃんを綺麗にしてあげたいですね。
あと他店に技術面では負けない自信もあります。ポリシーをもってやってます。

お客様と接しているときに気をつけていることはありますか

まず第一に、丁寧に、分かり易く、親しみをもって頂けるように接しています。
お客様の大事な家族を預かっているわけなので、まず信頼関係を築きたいんですね。お客様にもこのお店はこんなお店で、こんなスタッフがいてというのを知ってもらいたい。
送迎をやっているから、お店の事あまり知らないお客さんもいるんですよ。
電話一本で送迎に行って、送迎に行った人間がお店の顔になるのでまず丁寧に、明確に、親しみやすくを大事にしています。
どの仕事でも印象って大事じゃないですか。

毎日のワンちゃんのケアについて、なにかアドバイスはありますか?

ブラッシングもそうですし、あとは歯ブラシを毎日ご飯食べた後にしてほしいですね。
人間もそうですけど、犬も歯石がついてしまうのでそのまま放っておいてしまうとどんどんたまってしまう。そうすると歯槽膿漏になってしまったり唾液と一緒に菌を飲みこんで、それが血液に回って病気になってしまったり。
歳を取るとそういった事が増えてくるので、若いうちからきちんと磨いてほしい。
指にガーゼを撒いて拭いてあげるだけでも違いますよ。
将来を考えて、ぜひお願いしたいですね。

今後の目標を教えて下さい

先ほどもお伝えした通り、うちは地域密着したサービスを行っているのでペットを通じて地域のコミュニケーションを計っていきたいですね!
犬の街コンだったり、各ペットショップでいろいろなサービスが受けられたり…
あまり具体的ではありませんが、なにかしらで地域と動物で繋がりを作っていきたいと思っています。

最後にひとこと!

アットホームで常にお客様の目線で考えて対応しています。
今後もお客様がこうだったらいいな、と思えるお店づくりを心掛けていきます。

ありがとうございます。

取材に協力してくれたトリマーの石田さん

  • 小岩ファミリーペット
  • 〒133-0053東京都江戸川区南小岩4-9-14
  • 電話:03-3671-4134
  • 営業時間:9:00〜19:00
  • 定休日:毎週水曜日